バトンプロジェクト:二坪の眼-掲示板

主催:DWKS (バトンすべきものは何?)

▼Links
▼Topics

「ノコギリヤネのある風景」を募集します。

「ノコギリヤネのある風景」というテーマであらゆる情報を募集・蓄積していきます。
・写真、絵画、エッセイ、その他参考情報など。
 情報をお寄せいただける方は、「二坪の眼-掲示板」の投稿No.530の記事“ノコギリヤネのある風景”(記事530)に返信として記事を投稿してください。https://div.36way.net/bbs/brd.cgi?cmd=one;no=530;id=ad138
 投稿者名は本名でなくても構いません。お寄せいただいた情報は、今後の「のこぎり屋根の下で」(主宰:二坪の眼)にて活用させていただきます。
・「のこぎり屋根の下で」開催履歴:https://bit.ly/2Hluagb 記事515 あたりから参照

 読本


  新規投稿 ┃ツリー ┃記事一覧 ┃トピック ┃番号順 ┃検索 ┃留意事項 ┃設定 ┃Instagram ┃Facebook ┃お問合せ  

27 / 560     ←次へ | 前へ→

[534] 「インスタ・ウォール」という試み  aoki@dwks  - 2019/11/11(月) 13:42:29 -

今枝忠彦氏の手記:“タマノイノコ”に見る風景の予感 -「ガチャ万」の呪縛を解く- ・タマノイノコ - 1031_tamanoinoko.pdf PDF:https://div.36way.net/ad138/nitsubonome/lib/1031_tamanoinoko.pdf この中で「インスタ・ウォール」という試みがなされている。 ・玉ノ井インスタ・ウォール ・Superb mandara これは、手記の中に記述されている「20XX 年の風景:“フォリー”としての“織壁”」(頁5)を読み解く参考イメージ図として役立つだろう。 以下、当該箇所を転載。 ●20XX 年の風景:“フォリー”としての“織壁”  タブララサを前に、白昼夢に落ちる。いつか来たことのあるまちなのだろうか。懐かしさを感じる。不思議なまちである。いたるところで壁を見かける。建物の壁だけが建っているのである。錆び付いたトタン板をまとった壁もある。消えかかった模様らしきものが残る板壁もある。新しい建物の壁に組み込まれた古い壁もある。銘板が付されたものを見ると、2020 年代に作られたものが多い。聞くところによれば、20 年代初頭、この地域でアートイベントがあったらしい。古びたのこぎり形状の屋根の建造物(それは小さな工場や倉庫に使われたり、あるいは放置されたものもあったらしい)の壁にペインティングを施すものであったという。なぜかそれ以上の詳しい記録が残っていないらしい。  しかし、それをきっかけとして、古びて使われなくなった建物の存在に気づく人たちが現れた。そして再利用されるものも出てきた。そして、建替えたり、撤去する際に、古い壁の一部をそのまま残したり、新しい建築物の壁面に組み込んだりする動きにつながった。“織壁”と呼ばれた。もともと、テキスタイル(染織)の工場であったことに由来している。当時、ノスタルジーと揶揄される向きもあったらしい。織物は縦糸と横糸で作られる。縦糸を流れる時間に、地域の人たちのつながりを横糸に喩えて、連綿と続く人々の暮らしの記憶を“織壁”に託したのかもしれない。土地や家族に対する思いが織り込まれている。まさに、“プライド・オブ・プレイス(pride of place)”である。ある銘板には、「頑強な祖父に見守られて 2021」と刻まれていた。  “フォリー”(folly)と呼ばれる建築がある。「西洋の庭園などにみられる装飾用の建物で、居住や雨風をしのぐといった用途がまったくないもの」(Wikipedia)である。まさに、“織壁”はフォリーではないか。装飾という概念は、のこぎり屋根建築には最も縁遠いもののように思える。のこぎり屋根工場は、合理性、効率性の最たる建築であろう。しかし、“織壁”は、何の役にも立たないものではない。この地域の人たちの誇り、プライドである。だから、こうして、人々の営みが続いているのだ。現代風に“織壁”を考えてみた。「玉ノ井インスタ・ウォール」。インスタはインスタレーションであり、インスタグラムのインスタント。Instant には、「傍に立つ」という意味があるらしい。人々の暮らしにそっと寄り添うように。(しかし、「現代風」というのは、いつのことなのか・・・) ---- 以上。 添付画像【534_2019-11-11_13-24-34.jpg : 205.0KB】添付画像【534_2019-11-11_13-26-19.jpg : 226.9KB】

引用なし

パスワード


17 hits
<Mozilla/5.0 (X11; Ubuntu; Linux x86_64; rv:70.0) Gecko/20100101 Firefox/70.0@M014011068032.v4.enabler.ne.jp>
・ツリー全体表示

[530] ■ノコギリヤネのある風景 aoki@dwks 2019/11/10(日) 23:41:46 [添付]
[531] 「ノコギリヤネのある風景」を募集します。 aoki@dwks 2019/11/11(月) 00:13:19
[532] YouTubeに見る「のこぎり屋根」(一宮)情報 aoki@dwks 2019/11/11(月) 11:09:39
[533] Re(1):YouTubeに見る「のこぎり屋根」(一宮)情報 aoki@dwks 2019/11/11(月) 11:44:37
[534] 「インスタ・ウォール」という試み aoki@dwks 2019/11/11(月) 13:42:29 [添付][添付]
[535] 『ノコギリヤネ・ウツホモノガタリ』 aoki@dwks 2019/11/11(月) 21:20:05
[543] 【のこぎりニ論】 aoki@dwks 2019/11/15(金) 21:58:33
[545] 「タマノイノコ紙芝居」 aoki@dwks 2019/11/17(日) 00:50:29 [添付][添付]
[555] 「ノコギリヤネ・インスタローグ」 aoki@dwks 2019/12/02(月) 21:38:14 [添付]
[556] Re(1):「ノコギリヤネ・インスタローグ」 aoki@dwks 2019/12/03(火) 01:04:44
[536] イメージ資料:写真 aoki@dwks 2019/11/12(火) 12:59:02 [添付]
[538] 木曽川堤防沿いに建つ、のこぎり屋根:20191113 aoki@dwks 2019/11/13(水) 20:53:15 [添付][添付]
[539] 玉ノ井駅沿いに建つ、のこぎり屋根:20191113 aoki@dwks 2019/11/13(水) 20:55:23 [添付][添付][添付]
[540] 玉ノ井駅周辺に建つ、のこぎり屋根:20191113 aoki@dwks 2019/11/13(水) 20:56:41 [添付][添付][添付]
[537] 寄稿:エッセイ aoki@dwks 2019/11/13(水) 03:11:40
[553] 寄稿:のこぎり屋根工場のイラスト(もり けんじ) aoki@dwks 2019/11/21(木) 07:40:09 [添付]
[554] 寄稿:もり けんじ - (音とのこぎり工場) aoki@dwks 2019/11/23(土) 08:59:33
[544] 本日の一宮(のこぎり屋根)散策?ルート aoki@dwks 2019/11/16(土) 20:16:12 [添付]
[546] @「ハウスカパイッカ」(西一宮の新拠点) aoki@dwks 2019/11/17(日) 20:41:36 [添付]
[547] A別館 【旧林家住宅】(一宮の歴史を紐解く) aoki@dwks 2019/11/17(日) 20:43:34 [添付][添付][添付]
[548] A→B興味深い「ノコギリ」が在る。 aoki@dwks 2019/11/17(日) 20:45:17 [添付][添付][添付]
[549] B惣sow(@sou_sow) (旧田内織布:迎賓館) aoki@dwks 2019/11/17(日) 20:46:38 [添付][添付][添付]
[550] CSuperbjapan(@this_is_the_superb) (のこぎり屋根) aoki@dwks 2019/11/17(日) 20:47:44 [添付]
[551] Dのこぎり二 Home 平松毛織株式会社(のこぎり屋根) aoki@dwks 2019/11/17(日) 20:49:17 [添付][添付][添付]
[552] DYut@cafe(@yutacafe.kagoya) (のこぎり屋根) aoki@dwks 2019/11/17(日) 20:50:49 [添付][添付][添付]
[557] 「メディア技術がもたらす公共圏」 aoki@dwks 2019/12/08(日) 20:58:32

27 / 560     ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー ┃記事一覧 ┃トピック ┃番号順 ┃検索 ┃留意事項 ┃設定 ┃Instagram ┃Facebook ┃お問合せ  

 14,101
ページ:  ┃  記事番号:  

C-BOARD Moyuku v1.03b3
since 2014/08/01〜