バトンプロジェクト:二坪の眼-掲示板

Homefacebookinstagram

2017:「わら工房・二坪の手」を併設

主催:DWKS 

バトンすべきものは何?

▼Links
▼Topics

  新規投稿 ┃ツリー ┃記事一覧 ┃トピック ┃番号順 ┃検索 ┃留意事項 ┃設定 ┃Home ┃Facebook ┃お問合せ  

20 / 516     ←次へ | 前へ→

[497] 眠り人  aoki@dwks  - 2019/06/12(水) 22:52:11 -

いくつかの出合いがあり、いくつかの別れがある。 繰り返される出会いと別れ。 この公園もまた、そんな舞台のひとつなのだろう。 真夜中の公園は相変わらずベンチが点滅している。いくつかの灯りが消え、いくつかの灯りが点く。ベンチに座る人、ベンチを立ち去る人。そんな光景が遠く彼方にまで繰り広げられています。わたしのベンチもまた、彼方からは点滅するベンチのひとつとして映るのでしょう。 出会いと別れは時系列に展開される。 出会いと別れは同時進行する。 時に交錯し絡み合う。 すべては流れのままに。 流れに逆らうことなく、身を任せるのがよろしい。 わたしには覚えがある。 眠りから目醒める時、 まどろみの中で、 夢の残像を楽しめることを。 そこは時間も空間も言葉さえも常軌を逸している。 夢だから、と捨て置けない一面もある。 まどろみの半覚半眠の中で、わたしは夢を夢と知覚し、コントロールする術も覚えた。 ただ、すべてを始めることはできないようだ。 始まったら、乗っかる。 そんなチャンスを期待しながら眠りを迎える。 まずは、すっかり眠ることが大切だろう。 身体を預けることだ。 あとは眠りがすべてを引き受けてくれる。 始めるのは誰? わたしであって、わたしではない。 わたしはそのように構成されているようだ。 わたしの眠り人はわたし以上にわたしを知っているのかもしれない。 始めるのはそんな眠り人です。 それは、眠り人からのメッセージなのかもしれない。 眠りはとてもデリケートだ。 瞼を閉じたまま、瞼の裏側に現れる光景を静かに待つ。 その舞台は神聖なる深淵と呼べるものかもしれない。 わたしの意識がわたしの無意識と対話する。

引用なし

パスワード



16 hits
<Mozilla/5.0 (X11; Ubuntu; Linux x86_64; rv:67.0) Gecko/20100101 Firefox/67.0@M014011068032.v4.enabler.ne.jp>
・ツリー全体表示

[494] 複眼に聞く aoki@dwks 2019/06/08(土) 23:32:42
[495] 石ころ aoki@dwks 2019/06/11(火) 00:30:37
[496] なごり aoki@dwks 2019/06/12(水) 15:07:06
[497] 眠り人 aoki@dwks 2019/06/12(水) 22:52:11
[500] とびら aoki@dwks 2019/06/18(火) 01:30:30
[503] まどろみ aoki@dwks 2019/07/04(木) 08:44:06
[506] 錯覚 aoki@dwks 2019/07/12(金) 12:29:15
[507] 世間の枠 aoki@dwks 2019/07/22(月) 11:44:10
[508] 浮雲 aoki@dwks 2019/07/24(水) 14:42:51
[509] 輪転写 aoki@dwks 2019/08/06(火) 08:10:38
[516] 大輪 aoki@dwks 2019/09/14(土) 12:35:32

20 / 516     ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー ┃記事一覧 ┃トピック ┃番号順 ┃検索 ┃留意事項 ┃設定 ┃Home ┃Facebook ┃お問合せ  

 13,392
ページ:  ┃  記事番号:  

C-BOARD Moyuku v1.03b3
since 2014/08/01〜