DWKS【掲示板】 for PDA

2 / 12 ページ  ←次へ | 前へ→

by  aoki@dwks    2016/01/23(土) 21:26:02

■2016年1月21日(13:30〜16:30) 月例Linuxことはじめを開催しました。 会場:つくる。(古民家母屋1階:ホワイトボードの部屋) 主宰:団体web活用サポート 青木俊克 ◆オープンソースの活用と情報発信を考える◆ ※毎月第3木曜日(13:30〜16:30)開催 @インストールは自身で行う A情報交換のコミュニティを提案 Bオープンソースの享受と普及 C掲示板:http://div.36way.net/bbs/brd.cgi?id=dwks ▼参加概要 ・開催時間内(13:30〜16:30)であれば出入り自由、個別対応可。 ・Linuxのデモマシンあります、自由にご体験ください。 ・素朴なパソコン談義からお楽しみください。お茶とお菓子でリラックス。 ・参加費無料(活動賛同金歓迎)。 ■「月例Linuxことはじめ@つくる。」の1回目です。 コメント: ・ありんこ(武藤さん)  http://genki365.net/gnki/mypage/index.php?gid=G0000004 ・NPO法人未来創造プロジェクト(朝野さん)  http://genki365.net/gnki/mypage/index.php?gid=G0000707 今回ご持参いただいたパソコンは3台でした。 ノートパソコン1台。デスクトップパソコン2台。 まず、ノートパソコンのスペックを確認してみると、 CPU:ペンティアム3 メモリ:512MB OS:XP-SP3 正直、「ペンティアム3」というスペックは厳しいです。 メモリが512MB搭載されているので、Debianあたりならインストールは可能な予測はつきますが、実際に運用するとなると「かなり重い」ことが予測できます。 また、今回お持ちいただいたご本人も、ご自分の責任下にあるパソコンではないとのことなので、スペックからの診断を口頭をお伝えすることに留めました。 ※Linuxといえども、快活に運用したい場合は、メモリが1GBは欲しいところです。 HPのXeonサーバマシン(デスクトップ)。 巨大は筐体でした。^^; XP-SP3の状態でしばらく放置してあったとのことで、Windows7/10への移行にどうしたものかとお悩みだったとのこと。 本来ならXubuntuを入れてみたいマシンですが、搭載されている光学ドライブがCD対応だったので、インストールディスクにDVDを必要とするUbuntu系のインストールは見送りとなりました。 なので、DebianのXfceをインストールしてみたところ、無事にインストール完了しました。 要望に応じて、メールソフトを追加インストールし、ファイルマネージャも標準のもとは別にはKDEな「Dolphin」をインストールしたところで時間切れとなりました。 Dellの省スペースデスクトップパソコン。 こちらもXP-SP3の状態で長らく放置してあったとのこと。 症状的にも起動しないことがあるなど、手を焼いていたパソコンだったとのこと。 スペックを確認すると、基本的にはVista仕様のパソコンだったので、ダウングレードしてお使いだったのかもしれませんが、スペック的には問題ありません。 しかし、起動ドライブのCDブートができません。 こちらはDVDマルチなドライブが付いていたので、Xubuntuのインストール候補だったのですが、BIOSから光学ドライブの認識ができていない状態なので、インストールすることすらできません。 原因は不明ですが、DVDドライブを交換することによって認識可となる可能性はある、とお伝えてしてご検討いただくことしました。 つくる。での開催は初めてですが、のっけから「Linuxのインストール体験会」となりました。 Linuxのインストールには正味1時間もあればインストール自体は完了ますが、それまでのマシン点検や、インストール後のレクチャーなどを含めると、3時間枠では十分に対応できない場合も出てくるかと思います。 インストールをご希望の方は、ある程度時間的な余裕をもってお取り組みいただくのがよろしいかと思います。毎回、必ずインストールできる環境を整えることができるとは限りません。 次回は、2016年2月18日(木曜)@つくる。 13:30〜16:30を予定しております。 ご興味のある方は、お気軽にお声がけしてやってください。 添付画像【73_20151125.png : 209.3KB】添付画像【73_20151125-1.png : 197.8KB】

[添付]:73_20151125.png(209.3KB)
[添付]:73_20151125-1.png(197.8KB)
834 hits

引用なし
パスワード

by  aoki@dwks    2016/01/13(水) 23:40:08

■2016年1月12日(13:00〜14:30) 月例Linux導入相談会を開催しました。 会場:一宮駅 i-ビル3階 一宮市市民活動支援センター 会議室 主宰:団体web活用サポート 青木俊克 ●WindowsからLinuxへ ●無償で使えるLinuxOS:Debian,Xubuntu、他(選択肢が豊富) ●クロスプラットフォームの無償で秀逸なアプリケーションが豊富 @インストールは自身で行う A情報交換のコミュニティを提案 Bオープンソースという考え方の享受と普及 ※毎月第二火曜日(13:00〜14:30)開催 ■「月例Linux導入相談会」の8回目です。 コメント: ●パソコンボランティアサポータ(山吉さん) 本日は山吉さんが名古屋からわざわざお運びいただきました。 山吉さんは、過日の「SCRATCH」入門体験会をサポートしてくださった大先輩です。 ▼[64] 20150827:【特設企画】「SCRATCH」入門体験会 http://div.36way.net/bbs/brd.cgi?cmd=one;no=64;id=dwks 私も最近、スマホを手にするようになったことから、話題はスマホやタブレットの情報交換に終始しました。 山吉さんは、iPadユーザでもあり、Androidユーザでもあることから、それぞれの環境で使えるアプリについてお詳しく、特に、PCとの連携(同期)アプリへの関心は私も興味をそそられました。 ▼MobisleNotes - The dead-simple way to do notes and to-do’s https://mobislenotes.com/ ▼FolderSync Lite - Google Play の Android アプリ https://play.google.com/store/apps/details?id=dk.tacit.android.foldersync.lite&hl=ja スマホとタブレット。 これらの端末へのアプローチは個人によって異なってくるところが大きいと思いますが、快活に使うためにはやはりできるだけスペックの高い機種を選択することが使い勝手を左右することと思います。 ちなみに、私は以下のようなアプリがお気に入りです。 wunderlist https://play.google.com/store/apps/details?id=com.wunderkinder.wunderlistandroid colocolomemo https://play.google.com/store/apps/details?id=com.colocolomemo jota+ https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.sblo.pandora.jota.plus tegakimemo https://play.google.com/store/apps/details?id=biz.yojigenpocket.tegakimemo 次回は、2016年1月9日(火曜)@会議室 13:00〜14:30を予定しております。 ご興味のある方は、お気軽にお声がけしてやってください。

774 hits

引用なし
パスワード

by  aoki@dwks    2015/12/14(月) 11:46:58

■2015年12月8日(13:00〜14:30) 月例Linux導入相談会を開催しました。 会場:一宮駅 i-ビル3階 一宮市市民活動支援センター 会議室 主宰:団体web活用サポート 青木俊克 ●WindowsからLinuxへ ●無償で使えるLinuxOS:Debian,Xubuntu、他(選択肢が豊富) ●クロスプラットフォームの無償で秀逸なアプリケーションが豊富 @インストールは自身で行う A情報交換のコミュニティを提案 Bオープンソースという考え方の享受と普及 ※毎月第二火曜日(13:00〜14:30)開催 ■「月例Linux導入相談会」の7回目です。 コメント: ●ひとつむぎ(梅津さん) http://genki365.net/gnki/mypage/index.php?gid=G0000852 ■相談事例:Linuxの受け止め方がまだまだ漠然としていて、その把握を整理する上において、LinuxがWindowsやMacとどのように違うのか、その特長を知りたい。 なかなか難しい設問でした。 Linuxもデスクトップ環境をインストールしてしまえば操作体系的にはWinowsやMacと大きく異なることはありませんのでアプリケーションを使っていく段階では、WindowsやMacでも動作するソフトを数多く選ぶことができます。逆に、Windowsでしか動作しないソフトもあれば、Macでしか動作しないソフトもありますし、Linuxでしか動作しないソフトもあります。 ですから、アプリケーション選びの段階で自分に合ったソフトを見つけることがとても重要になってくると思います。それは、その先にデータの互換性問題があり、他者(の環境)とのファイルのやりとりが必要になった時、これを無理なく行えることをあらかじめ準備して置くことにもなります。ただ、アプリケーション選びは個人差が反映される領域でもありますので、まずは、WindowsやMacで今まで使っていたソフトと互換性があるソフトを見つけていくといいと思います。これは、スマホやタブレットでお気に入りのアプリを見つけていく作業によく似ています。 あるいは、ハードウェア環境への対応としては、多くの種類のCPUに対応しているLinuxも少なくありませんので、インストールするパソコンのマシンスペックにそれほど神経質になる必要もないだろうと思います。そういう意味では、Linuxを自分でインストールすることができるようになれば、まずは大きなハードルを越えた。と言ってもいいでしょう。 また、最近では、小型のワンボードコンピュータというタイプも注目を集めてきている傾向にあります。その代表格にあるのがラズベリー・パイ(通称:ラズパイ)です。 ▼Raspberry Pi - Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/Raspberry_Pi ▼これは驚き! ―新しいRaspberry Pi Zeroはなんと価格5ドルだ | TechCrunch Japan http://jp.techcrunch.com/2015/11/27/20151126raspberry-pi-zero/ ▼【Infostand海外ITトピックス】モノづくりを加速 5ドルのRaspberry Pi「Zero」 - クラウド Watch http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/column/infostand/20151207_733954.html ▼Raspberry Pi Downloads - Software for the Raspberry Pi https://www.raspberrypi.org/downloads/ この小さなコンピュータには各種周辺機器をつなぐインターフェースがひと通り備わっており、キーボードとディスプレイを繋げば、Linuxを動作させることができます。これが、数千円で提供される時代になってきましたので、パーソナルコンピュータのイメージも様変わりしてくるようになるのかもしれません。 〜〜〜 補足: ▼わずか2000円ほどで自作の64bitコンピューターを作れるキット「PINE A64」 - GIGAZINE http://gigazine.net/news/20151211-pine-a64/ ※ワンボードコンピュータも進化を遂げてきているようですね。 次回は、2016年1月12日(火曜)@会議室 13:00〜14:30を予定しております。 ご興味のある方は、お気軽にお声がけしてやってください。

814 hits

引用なし
パスワード

by  aoki@dwks    2015/11/28(土) 12:56:47

■2015年11月26日(10:00〜15:30) 会場:一宮駅 i-ビル3階 一宮市市民活動支援センター 会議室 主宰:団体web活用サポート ●市民活動の情報発信に関する課題の持ち寄り ●課題を共有してオープントーク(茶話会) ●パソコン活用における課題解決の模索と実習 ▲参加条件:参加票の提出 http://div.36way.net/dwks/lib/sankahyou.pdf ※Linux導入相談対応 一宮市市民活動支援センターの会議室を学習室として設営し、無線/有線によるインターネット接続環境(Max_10)を提供しています。 学習室の開放時間は、10:00〜15:30です。 この間の出入りは自由ですので、ご都合の良い時間帯にご利用ください。 また、学習室会場には細やかですが飲み物とお茶菓子をご用意させていただきます。 リラックスした環境で各自の課題に取り組んでいただければ幸いです。 コメント: ●ASC一宮23期会(大島さん) http://genki365.net/gnki/mypage/index.php?gid=G0000745 http://marui-hall.hateblo.jp/ http://blog.livedoor.jp/asc23/ ブログのタイトル領域における写真の変更(加工)に関する手順確認。 個々のブログ仕様によってテーマ管理方式は異なってきます。 一般的には予め用意されたデザインテーマから任意のテーマを選択してブログの見栄えの個性化を図るわけですが、この個性化の一端としてブログのタイトル領域における写真(図画)の設定は印象付けとして大きな効果に繋がるでしょう。 このタイトル画像をこまめに変更することも気分転換や次節に応じたメッセージとして役割します。 この時、重要なのはタイトル画像が表示される領域(大きさ)を事前に把握しておくことです。特に、今回は「比率」対策が課題となりました。 ▼かんたんタイトル画像機能を利用する - ライブドアブログのヘルプ(PC向け) http://help.blogpark.jp/archives/51442200.html > こちらのサンプルのように、切り抜いた画像の横幅が、テンプレートの横幅にピッタリ合う形で最適化されます。 この「最適化」の機能によって、設定した画像によっては縦に間延びしたり、横に間延びしたりする現象が発生します。 本来なら、タイトル画像の表示領域の比率に合わせて画像製作するのが望ましいのですが、逆に、製作画像の比率をタイトル画像の表示領域内で維持しようとする場合は、余白を考慮して画像製作する必要が出てきます。 このあたりの比率計算は個々に異なってきますので、まずは、それぞれのテンプレートにおけるサンプル画像の大きさ・比率などを点検するところからはじめるのがよろしいかと思います。 ------ ※なお、「会場:一宮市市民活動支援センター会議室」における「PC学習会」は、2015年11月26日(木)をもってお休みとさせていただきます。 ■次回より、趣向をあたらに「月例Linuxことはじめ」を「会場:つくる。」にて展開いたします。 2016年1月21日(木) 13:30〜16:30 ▼月例Linuxことはじめ http://div.36way.net/dwks/scheduler/scheduler.cgi?mode=view&no=116 ※賛同金へのご協力をお願いします。

816 hits

引用なし
パスワード

by  aoki@dwks    2015/11/14(土) 03:45:09

■2015年11月10日(13:00〜14:30) 月例Linux導入相談会を開催しました。 会場:一宮駅 i-ビル3階 一宮市市民活動支援センター 会議室 主宰:団体web活用サポート 青木俊克 ●WindowsからLinuxへ ●無償で使えるLinuxOS:Debian,Xubuntu、他(選択肢が豊富) ●クロスプラットフォームの無償で秀逸なアプリケーションが豊富 @インストールは自身で行う A情報交換のコミュニティを提案 Bオープンソースという考え方の享受と普及 ※毎月第二火曜日(13:00〜14:30)開催 ■「月例Linux導入相談会」の6回目です。 本日は、相談内容において電源確保が必須であったことから、会場をフリースペースからiビル1階のプロントに移動しました。(会議室に空きがある場合は会議室を利用します) コメント: ●ひとつむぎ(梅津さん) http://genki365.net/gnki/mypage/index.php?gid=G0000852 ■相談事例:Linuxのインストールにトライしてみたい。 すでにLinux(Debian)マシンをお使いの梅津さんですが、自身でLinuxをインストールしてみたい、とWindowsVista仕様のノートパソコンをご持参されました。 OSを載せ替える全段階で行う作業として以下のハード(マシン)メンテナンスを行いました。 ・BIOSの初期化 ・メモリチェック ・HDDのチェック ・HDDのデータ消去 この作業において、メンテナンスディスクとして「UBCD」を紹介。 ■UBCD(http://www.ultimatebootcd.com/) ▽以下作業ツール /Memory/Memtest86+ /HDD/Diagnosis/Drive Fitness Test /HDD/Disk Wiping/Active@ KillDisk Free Edition 上記点検の上、ノートパソコンのスペック確認をしてインストールするLinuxは「Xubuntu」が適切と判断しました。 ■Xubuntu.iso(http://cdimage.ubuntu.com/http://cdimage.ubuntu.com/xubuntu/releases/14.04.3/release/ ▽ダウンロードisoファイル http://cdimage.ubuntu.com/xubuntu/releases/14.04.3/release/xubuntu-14.04.3-desktop-i386.iso ※UBCDにしろ、xubuntu-14.04.3-desktop-i386.isoにしろ、isoファイルは事前にCD/DVDに焼く必要がありますので、別途、isoイメージファイルをCD/DVDに焼くCDライティング環境が必要になりますね。 「xubuntu-14.04.3-desktop-i386.iso」のインストール作業は30分程度で完了したでしょうか。この時、重要なのは、インストール時にはネット接続ができていることです。今回はWiFiを認識させてる必要があったので、LiveCD環境からのインストールメニューを選択しました。 ■実際にインストール作業を体験すると、自身でインストールが可能になるということを実感できます。これはLinux入門においてとても重要な体験です。 次回は、2015年12月8日(火曜)@会議室 13:00〜14:30を予定しております。 ご興味のある方は、お気軽にお声がけしてやってください。

825 hits

引用なし
パスワード

by  aoki@dwks    2015/10/31(土) 13:17:42

■2015年10月29日(10:00〜15:30) 会場:一宮駅 i-ビル3階 一宮市市民活動支援センター 会議室 主宰:団体web活用サポート ●市民活動の情報発信に関する課題の持ち寄り ●課題を共有してオープントーク(茶話会) ●パソコン活用における課題解決の模索と実習 ▲参加条件:参加票の提出 http://div.36way.net/dwks/lib/sankahyou.pdf ※Linux導入相談対応 一宮市市民活動支援センターの会議室を学習室として設営し、無線/有線によるインターネット接続環境(Max_10)を提供しています。 学習室の開放時間は、10:00〜15:30です。 この間の出入りは自由ですので、ご都合の良い時間帯にご利用ください。 また、学習室会場には細やかですが飲み物とお茶菓子をご用意させていただきます。 リラックスした環境で各自の課題に取り組んでいただければ幸いです。 コメント: ●ASC一宮23期会(丸井さん、大島さん) http://genki365.net/gnki/mypage/index.php?gid=G0000745 http://marui-hall.hateblo.jp/ http://blog.livedoor.jp/asc23/ ひとつの記事の中に複数の写真をレイアウトすることに慣れてきたところで、個々の写真にそれと分かるように適切なコメントを記述したいという要望があがりました。 現在は、横一列に3〜4枚の写真が収まるようなレイアウトを心がけておられるようですが、このレイアウトに個々のコメントを合わせようとすると、文量配分の兼ね合いもあってレイアウトに苦労することになります。 基本的には、1枚の写真ごとにひとつのコメントを付記していく、というスタイルが一般的だろうと思いますが、記事上に写真を並べて見せたいという場合は、個々の写真に連番などを割り当てた上でコメントを付記していく方法も考えられます。 ただ、その場合は、個々の写真に連番の番号を文字入力するなど、多少の画像加工が必要になってきます。そこで、今回は簡単なフォトレタッチソフトをご紹介させていただきました。 ▼JTrim http://www.woodybells.com/jtrim.html 公式ホームページでは、WindowsXP対応とありますが、Windows7でも動作します。 ・画像の拡大縮小 ・トリミング ・合成 ・文字入れ などなど、画像加工の基本的な機能が備わっていて、操作性も直感的に進めていけるソフトです。まずは、自分に必要な機能の操作を習得されることをお勧めいたします。 ブログにおける「写真」の役割は大きいようです。 使いやすい「画像加工ソフト」が見つかるといいですね。 余談: 学習会会場では「ぜんざいとしるこの違い」などが話題となり、さっそく記事としていただいたようですね。(^^) ▼ぜんざい &  しるこ  - ASC23期会  同窓会たより http://marui-hall.hateblo.jp/entry/2015/10/30/092246 ------ ■次回「PC学習会」開催予定(一宮市市民活動支援センター 会議室) 2015年11月26日(日) 10:00〜15:30 ※賛同金へのご協力をお願いします。 ●なお、「会場:一宮市市民活動支援センター会議室」における「PC学習会」は、2015年11月26日(日)をもってお休みとさせていただきます。

836 hits

引用なし
パスワード

by  aoki@dwks    2015/10/16(金) 00:44:27

■2015年10月13日(13:00〜14:30) 月例Linux導入相談会を開催しました。 会場:一宮駅 i-ビル3階 一宮市市民活動支援センター 会議室 主宰:団体web活用サポート 青木俊克 ●WindowsからLinuxへ ●無償で使えるLinuxOS:Debian,Xubuntu、他(選択肢が豊富) ●クロスプラットフォームの無償で秀逸なアプリケーションが豊富 @インストールは自身で行う A情報交換のコミュニティを提案 Bオープンソースという考え方の享受と普及 ※毎月第二火曜日(13:00〜14:30)開催 ■「月例Linux導入相談会」の5回目です。 本日は、あらかじめご予約をいただいておりましたので、会議室に空きもあったことから、会場を会議室に移して開催いたしました。 コメント: ●ひとつむぎ(梅津さん) http://genki365.net/gnki/mypage/index.php?gid=G0000852 ■相談事例:Linux環境における適切なアプリケーションを知りたい。 現在はMacを使用しているが、Linux環境に移行した際に、現在Macで使っているアプリケーションに相当するものをLinux環境ではどんなアプリケーションを選択すれば良いのか?また、そのようなアプリケーションを導入するにはどうすればいいのか? そして、梅津さんは会場にMacとLinux(Debian)マシンをお持ちいただきましたので具体的に作業を進めることができました。 DebianやUbuntuでは「Synapticパッケージマネージャ」というアプリを使って任意のアプリケーションを自分のマシンに組み込むことができます。 なので、まずは、「Synaptic」の操作体系を身につける必要があります。 イメージとしては、ネットワーク上に保管されたアプリケーション群から「Synaptic」を使って任意のアプリを指定ダウンロードしてインストールする、という流れになります。これは、スマホやタブレット環境でアプリをインストールする流れと同じですね。 ただ、この時、どんなアプリを選択すればいいのか?という点で戸惑いを覚えるでしょうから、最初は私が個人的に馴染みのあるものをご紹介させていただきました。 また、使用できるアプリケーションの検索はネット上からも検討することができますので、少しずつ、目的のアプリケーションを絞り込んでいかれるといいと思います。 https://packages.debian.org/jessie/ ↑ Debianの現行バージョン(jessie)は、こちらから検索できます。 ※検索してパッケージ名を確認したら、それを「Synaptic」から指定してインストールする、という流れになります。また、アプリケーションの削除も「Synaptic」から同様に行えますので、これもスマホやタブレットと同じ感覚でいいと思います。 次回は、2015年11月10日(火曜) 13:00〜14:30を予定しております。 ご興味のある方は、お気軽にお声がけしてやってください。

815 hits

引用なし
パスワード

2 / 12 ページ   ←次へ | 前へ→
ページ:  記事番号: 
11,379
C-BOARD Moyuku v1.03b3
DWKS【掲示板】 for PDA