第2回大会:→

第一回 一豊杯剣道錬成大会

目次】【参加チーム一覧】【大会レポート


■2006年3月26日開催

2006年3月26日、一宮市木曽川体育館にて『第一回 一豊杯剣道錬成大会』が開催されました。

剣道の試合を観戦したのは初めてでした。
体育館には4面の試合会場が設けられ、4つの試合が同時進行していく。試合の勝ち敗けは3本勝負で2本先取した方が勝ちとされる。ところが、小生の素人眼には何が1本なのか見分けがつかない。メン・ドウ・コテ・ツキ、という決まり手の言葉は知っていても、眼前に繰り広げられる選手たちの動きの中にそれを見分けることができないのだ。これは専門用語で「有効打突(ゆうこうだとつ)」として定義されているのだそうだ。

▼有効打突
充実した気勢、適正な姿勢をもって、
竹刀の打突部で打突部位を刃筋正しく打突し、
残心あるものとする。
……剣道の「1本」は奥が深い。

お昼の休憩時間に日比ノ武道具店さん(左の写真)を訪ねてみた。「一宮に“一豊杯”という新しい剣道大会が誕生したことはとても嬉しいこと。今後はより多くのみなさんに剣道の大会を観ていただけるよう、“一豊杯”をさらに充実させていきたい。」と若き店員さんが語ってくれました。
そして、武道具の中で個人的に興味を引いたのが、手ぬぐい。剣道の試合を観戦していると、選手たちの後頭部を飾っているのが、この手ぬぐいなのだ。手ぬぐいは、地味ながらもこころのおしゃれを主張する。【samu:2006/03/28】


001:開会式・選手入場行進


002:大会優勝旗


003:試合前練習風景


004:大会実行委員長・国枝法音氏


005:選手宣誓


△木曽川一豊剣志会:日比野 佑姫


006:日本剣道形 演武


△木曽川一豊剣志会:日比野 晶/岩田 俊哉/阿弓 英明/加島 朔/日比野 佑姫/野中 美沙/八木 爽馬/日比野 秀俊


007:試合風景


008:山内一豊パネルコーナー


009:閉会式


010:小学生の部 第2位 木曽川一豊剣志会


011:小学生の部 第3位 木曽川武道館


012:中学生男子の部 第3位 一宮市立木曽川中学校


013:中学生女子の部 優勝 一宮市立木曽川中学校


014:第一回 一豊杯剣道錬成大会 運営スタッフのみなさん


Copyright © 一豊杯剣道錬成大会 2007. All Rights Reserved.
※無断転載禁止